お知らせ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | 人気blogランキング | pagetop↑
今日は平和~
本日、税理士先生がお出かけの為一日いません。( ̄ー ̄)ニヤリ
決してサボったりしてませんよ!
マタ~リしてるだけです(笑)
こんな一日が、あってもいいでしょ。
スポンサーサイト
2005/10/28 12:57 | 日記 | コメント(3) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
所得税の予定納税(第2期分)
11月は所得税の予定納税 第2期分の納付月です。
第2期分の予定納税額の納期は、
平成17年11月1日から平成17年11月30日となります。
税務署から送付された「予定納税額の通知書」に記載された金額をご確認の上、
期限まで忘れずに納付してください。
振替納税を利用している方は、平成17年11月30日に
指定の金融機関の口座から自動的に引き落とされますので
残高には注意して下さい。
平成17年分の所得が前年の所得税の額よりも少なくなると
見込まれる場合には、予定納税額の減額を申請することができます。
平成17年11月15日までに「予定納税額の減額申請書」を
税務署に提出してください。
2005/10/27 21:58 | 所得税 | コメント(0) | Trackback(1) | 人気blogランキング | pagetop↑
生命保険-02
久しぶりの更新です。
ではでは保険のつづきです。

現在加入している保険の内容を知るには、
保険証券を見るのが一番早いです。
タンスの奥から引っ張り出しましょう!
ゴチャゴチャしていて、字も小さくて見づらくて…
なんて言ってると先に進まないので、頑張りましょう!(笑)
でも、見方がわからないと困りますよね。

契約者名、被保険者名、受取人名と記載されている欄がありますね。
これは
「保険契約者」・・・保険契約をし、保険料金を支払う人
「被保険者」・・・・保険契約の対象となる人
「保険金受取人」・・死亡保険金や満期保険金を受け取る人
上記のような感じですかね。
「保険契約者」が契約、保険料の支払いをし「被保険者」に、
万が一の事があったら「保険金受取人」が保険金を受け取る
この方がわかりやすいでしょうか?
まずここはきちんと理解しておきましょう。

次に、保険期間と保障内容が記載されている欄があると思います。
質問です、今あなたが亡くなると、いくらの保険金が出ますか?
保険期間には「終身」「○○年間」「○○歳まで」
こんな感じで表示されてます。
「終身」は死ぬまで保障
「○○年間」は契約してから何年間保障
「○○歳まで」は○○歳まで保障
特約などで、○○歳までや○○年間と記載されている場合は、
その年齢・期間以後の保障は無くなってしまいます。
例として、加入当初は5000万円あったが、
50歳を過ぎると100万円になってしまう。
こんな具合です。
主契約の保障期間・金額は?
特約の保障期間はいつまでなのか?
どれが適用できるのか?
もう一度見てみましょう。
知らないうちに保障が無くなってる!なんて事が無いように!

保険料の欄ばかり見て、指差してませんか?(笑)
保険料は、「被保険者」の年齢や性別、健康状態、また保障額によって算定されます。
最近では被保険者の健康状態が良かったり、
煙草を吸わないなどの理由で保険料の割引をする保険会社もあります。
その反面、健康状態が悪い、年齢の上限を超えてしまっているなどの理由で、
保険料が割り増しになったり、加入出来ない場合もありますのでご注意を。
逆を言うと割り増し料金を支払えば、加入できるって考えもありますが…。
定期保険等の更新が必要な場合は、
保険料が上がるので今後の推移にはついては確認をした方がいいです。
その他には、解約した時の返戻金額などの記載もある場合があります。

少しは興味を持って頂けたでしょうか?
証券って郵送で届けられて、
そのままずっとタンスの奥にある…。
誰も証券の説明はしてくれないし、日の目も見ない
そりゃ見方もわからないし、忘れちゃいます。
たまには見てみましょうよ(^_^)/
まだつづきますので…
2005/10/27 20:45 | 保険 | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
新潟中越地震
今日で新潟中越地震発生から1年経ちました。
犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
ご遺族の皆さまに心よりお悔やみを申し上げます。

地震当時、自分はちょうど出かける用意をしていました。
あっ!地震だ!と思ったとたんに揺れが激しくなり、
棚にあった物が次々と落ちる様子を見ながら、
何も出来なかったのを思い出しました。

新潟県中越地震から一年経過しても、
まだ復旧が進んでいない地域もあり、
まだ仮設住宅で暮らす方が9000人もいらっしゃると聞きました。
もうすぐ雪の降る季節、どんどん寒くなっていくんですよね…。
少しでも早くいつもの平和な日々が戻りますように
お祈り申し上げます。
2005/10/23 12:30 | 日記 | コメント(2) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
生命保険-01
ここ数日体調を崩し、辛かったです…。
そんな中、生命保険について研修がありまして…。

そんなわけで、今日は生命保険についてです。
私たちの身のまわりには、死亡、病気、ケガ様々なリスクが存在します。
万が一の家族の生活保護、医療費や入院費、老後の生活資金
子供の教育、貯蓄の為、万一のときのローン等の返済の為などと
加入する目的は様々です。
生命保険は、そう言った将来起こるかもしれないリスクなどに対して、
経済的損失や自分たちの生活を守ってくれる仕組みが保険です。

現在、日本における生命保険の世帯加入率は約9割と高い普及率です。
しかし、今ご自分で加入されている保険契約の内容はお分かりですか?
と尋ねると『保険料は2万円くらい支払ってるけど、保険金はいくらか知らない~。』や
『保険屋さんにお任せ~』とか『お付き合いで加入してるから…』と言う返答が多いです。

生命保険は家の購入の次に大きな買い物と言われています。
保険料を何十年と支払って、保障を買うわけですから。
ご遺族の為にと思うのであれば、尚更だと思うのですが
しっかり内容を把握して、必要な保障を用意されたほうがいいかと思います。

もしこの記事をご覧になったのであれば、
一度どんな保険に入っているのか?
保障は足りているのか?確認をしてみて下さい。
保険のご担当の方や、
税理士さんも詳しい方がいらっしゃいますので
相談してみるのもいいと思います。

保険についての記事は
数回に分けて書き込みたいと思います。
とりあえずここまで<(_ _)>
2005/10/21 13:42 | 保険 | コメント(2) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
体調悪し!
(;´ρ`) グッタリ
どうやら風邪をひいたようです。
のどは痛いし、背中がゾクゾクします。
熱があるか怖くて計れません…。
連日連夜の激務のため疲れが出たのでしょうか?ゴホゴホ

嘘です

きっと不摂生がたたったのでしょう。
馬鹿でも風邪をひくんですね。
寒くなってきたので、皆さんも気をつけてくださいね。
現在、めちゃめちゃ辛いです。…ヘックション!
2005/10/19 14:19 | 日記 | コメント(2) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
交際費~損金不算入
交際費等とは、
売上先や仕入先などの取引先、その他事業に関係のある者に対する
接待、供応、慰安、贈答などの行為のために支出する費用とされています。
措法61の4を参照してもらえれば、
交際費の範囲など正確なものが記載されているのですが、
結構長いので、簡単に説明します。

日々、営業をしていると、
取引先(売上先・仕入先・利害関係の無い人)などと、
食事をしたり、お酒を飲んだり、代行代・タクシー代、
新年会、忘年会、お中元・お歳暮・手土産、
冠婚葬祭、また芝刈り……ウォッホン、ゴルフをしたりと、
いろいろとお付き合いがあるかと思います。
結構ありますね~でも全部じゃ~ないです。
これらは費用は、交際費として取り扱われます。

これ以外にも、
・手ぬぐいや、カレンダーなどの贈答→広告宣伝費(全額経費可)

・社員慰安を主とする費用
(全従業員を対象とする)→福利厚生費(全額経費可)
(一部の社員のみ)   →接待交際費(一部経費)

・会議費
 会議費はファミレスや喫茶店などの簡単な打ち合わせ費用。、
 昼食でもビール1本程度で1人当たり3,000円程度までの
 支出ならOKとする判断基準があるようです。
 しかし、こうした基準は地方によっても異なり、
 「絶対的な基準ではない」ことに注意しなければなりません。→会議費(全額経費可)
などの費用がありますが、上記のとおり取り扱って問題ないかと思います。

ただし過剰な接待や贈答等、
また内容がはっきりしないものは、税務調査時には問題になる
場合があるので注意してください。
交際費は意外と取り扱い範囲が広く、日常でも随時出る費用ですから、
内容がはっきりしなかったり、金額が多額になる時は、
随時税理士さんと相談したほうがいいですね。
それに、経理担当者や会計事務所の担当の人が、どう処理していいか困りますし。
(;・∀・)ダ、ダイジョウブカナ・・・?
こんなリアクションをする事もたまにあります…………。

以前にちょっと触れましたが
交際費は原則的には全額損金となりません。

期末資本金1億円以下の法人の場合で、
年間の交際費等の支出が400万以下の部分については、
90%は損金に出来ますが、
400万円を超える部分の金額については損金にする事は出来ません。
また、期末資本金が1億円超の法人の場合は、
交際費等の支出額の全額が損金に出来ません。

資本金300万円の法人で
・交際費=200万円の場合
 控除限度額400万>年間交際費200万
 いずれか少ない方を選択し
 200万-(200万×90/100)=20万円←損金不算入

・交際費=900万円の場合
 控除限度額400万<年間交際費900万
 少ない方を選択し
 900万-(400万×90/100)=540万円←損金不算入
となります。
回りくどいようですが、申告書のとおりに計算してみました。


イメージ図です。
交際費 >

わかりにくいかもしれませんが、
自作ですのでご勘弁を…。


例えば
資本金1000万円の法人で、
年間の交際費を300万円使っている
尚且つ法人税が出る場合

まず損金に含まれない額は

・交際費=300万円の場合
 控除限度額400万>年間交際費300万
 いずれか少ない方を選択し
 300万-(300万×90/100)=30万円←損金不算入

となります。
そして法人税等の実行税率を40%とすると、
交際費の調整の部分で、12万円の税金を支払う事となります。
ここで損益ではなく、現金の支払いだけを見ると
交際費300万円+法人税等12万円=312万円の現金の支出になる事になります。
イメージできたでしょうか?(苦笑)
もし、全額経費にできれば、この12万円の税額は出ません。
交際費を使うと損をするわけではないですけど
無理に使う必要はないかな?なんて思いますがどうでしょうか?
ある社長さんに『今年は交際費が少なかったですね』と言ったら、
『交際して無いから』と返事が帰ってきた事がありましたね。

帳簿をきちんとつけ、
『交際費』と『会議費』をはっきり明記すれば(無論内容にもよりますけど)
損金不算入部分が減り、全額経費になれば、納税もその分は少なくなります。
また会計事務所としては、シビアな対応をする事が多いと思いますので、
その辺りは、はっきり『これは会議費です』と提示してもらえれば、
処理がしやすいです。黙ってると交際費にされちゃうかも(-_-;)
お金を使うだけが節税では無く、ちょっとした工夫でも節税することが出来ますよ!(^^)!
2005/10/17 09:29 | 法人税 | コメント(7) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
早一ヶ月
このブログを立ち上げて早一ヶ月になりました。
当初は続けていく自信も無く、
きっと三日坊主になるんだろうな~
なんて思っていました。(笑)

今日までの記事を読み直してみると、
誤字もあったり、文章構成がメチャメチャだったり、
またネタを用意するのに結構苦労してしまい、
行き当たりばったりでやってきた事もあって、
記事の内容的に順序が前後してしまったりと
非常に読みにくいな~と感じました。
もうちょっと計画的に、順序良く記事を並べてくれ
ば良かったんですよね…。

しかし、おかげさまでアクセス数も増え順調なのは、
これも皆様のおかげだと感謝しています。
内容も充実させるべく、努力していきたいと思いますので
今後とも、よろしくお願いします<(_ _)>
2005/10/17 01:40 | 日記 | コメント(1) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
ラジオ
1


これは最近、通販で購入したラジオなんです。
ちょっと変わった感じがしたので買ってみました。

夜中にラジオを聴いていると、
期末試験勉強の一夜漬けとか、学生時代を思い出します。
ネットもいいですけど、ラジオもいいですねぇ~。
TBSの岸谷五郎の東京レディオクラブとか
よくリクエスト投稿してましたね。
2005/10/16 03:28 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
青色申告特別控除の続き
青色申告特別控除を受ける条件の中に
正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)により記帳していること。
とあります。
普通は『正規の簿記』というと複式簿記のことを指すことが多い様です。

まず帳簿には『単式簿記』と『複式簿記』があります。
『単式簿記』は、小遣帳や家計簿と同じ様なイメージを
してもらえればと思います。
現金や預金の出し入れを記録し、最終的にいくら残ったかを把握するだけです。
ただ、これだと現金が増えたから得した。減ったから損した。
本当にそうなのか、原因がわからないんですね。

それに対し、『複式簿記』は現金の増減の原因までの記録をし、
現金の残だけでなく、全体の財産がどのくらいあるのか、
また、どのくらい損得をしたのかを把握することが出来ます。

まず日々の取引を、資産・負債・資本・収益・費用の、
にいずれかに該当する勘定科目を使い仕訳をして、
それを集計していくと、
全体の財産状況を示す貸借対照表と
損得を示す損益計算書が出来ます。
これを元に確定申告書を作成すれば
青代申告特別控除を受けることが出来ます。

しかし、実際複式簿記は口で言うほど簡単では無いです。
とは言っても、決して覚えられないものでも無いです。
参考書もたくさんありますし、
便利な会計ソフトも安く購入する事が出来ますので、
今まで白色申告の方や、青色特別控除10万円だった方
65万控除を受けられるように、記帳方法を変えてみてはいかがでしょうか?

2005/10/14 18:13 | 所得税 | コメント(2) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
青色申告特別控除額
平成17年より個人の青色申告者の事業者における
青色申告特別控除額の改正が行われました。

平成16年までは
複式簿記による記帳のある者 55万円
簡易な記帳のある者     45万円
それ以外の青色申告者    10万円

平成17年より
複式簿記による記帳のある者 65万円
簡易な記帳のある者     廃止
それ以外の青色申告者    10万円

65万円の特別控除を受ける場合には…
青色申告者で不動産所得者又は事業等を営んでる方。
これらの所得申告を複式簿記により記帳していること。
そして確定申告期限内に、その適用を受ける金額を記載して
提出しなければならない。

従来は、簡易な記帳による45万円の控除の選択が可能でしたが、
平成17年より45万円の控除が廃止されました。
そして複式簿記による記帳者については10万円の割増があり、
65万円の控除ができるようになりました。

さて、複式簿記とは?と言うことになるのですが…
2005/10/14 10:00 | 所得税 | コメント(2) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例
平成15年度の税制改正の中に、
『中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例』と
言うのがあります。
ご存知の方も多いかと思いますが、
この特例は、
青色申告法人である中小企業者または農業協同組合等が対象となります。
平成15年4月1日から平成18年3月31日までの間に購入し、
使用えお開始した建物、車両、器具・備品(中古も可)を対象として、
一個または一式の取得金額が30万円未満のものを
一括で損金処理することが出来ます。

従来の減価償却資産の取り扱いも継続していますから、
条件の当てはまる中で、有利なのもを選択するのも一つの手段だと言えます。
従来は…
・取得額10万円未満の場合は、
   少額減価償却資産として、その事業年度に損金処理
・取得額10万円以上、20万円未満のの場合は、
   資産計上し、一括償却資産として3年間で償却
・取得額20万円以上の場合は、
   資産計上をし、減価償却
大雑把ですがこんな感じです。

よく『バラバラに購入すればいいの?』なんて事を聞かれますが、
例えば、応接セットの場合は、通常はテーブルと椅子が
1組で取引されるものですから、1組で判定しますし、
パソコンは、本体とモニターとキーボード・マウスが一式そろって
初めて使うものですから、これらも1組で判定します。
以前、税務署に問い合わせをしたところ、
『一式かどうかは、現況で判断する』と返答をされました。
例えば、新たにパソコン29万円+プリンター3万円=32万で
購入したとして、現況新たに買ったプリンターは既存の古いパソコンに接続して、
使用している場合は一式とは見ないとの事。
まぁ、この場合は一式ではないですね。
でも、普通に考えたら、新しいパソコンには、
新しいプリンターを接続しますよね…。
じゃ、税務調査の時に都合のいいように、
プリンターとかの接続を変えておけばいいの?なんて下らない事を
考えてしてしまいました……(-_-;)

最後に中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例は
期間が『平成15年4月1日から平成18年3月31日までの間に』と
ありますので、パソコンなど30万円未満の物の購入を、お考えの方はお早めに。
2005/10/13 15:41 | 法人税 | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
( ´ー`)フゥー...
今使っているパソコンはDynaBook A2/X85PMC。
確か平成13年の秋に買ったのかな?忘れてしまった…。
そのくらいから使ってます(笑)

もともとのOSはWindowsMeだったのだが、
フリーズする確立が高い!高すぎる!
何度データが飛んだことか!(怒)
と、言う事で別途購入したWindowsXP Proを
クリーンインストールと同時に大容量HDD交換。
しかしWindowsXPを快適に動作させるにはメモリー不足。
仕方なくメモリーの増設。
それでも、今一なので、OSの各種設定を
パフォーマンス重視に変更!
重たいので、内臓スピーカーを外し軽量化etc.
カスタマイズと言うより破壊に近いですね…

などと、弄繰り回しているうちに、
そこそこパソコンの知識もついたし、
なんとな~く愛着がわいてきて、
ちょっとした相方になってしまった。

その相方が、最近調子が悪くなってしまって困ってます。
よくよく考えると、毎日仕事で使っているが、
よく致命的な故障をせずに使えてるな~と感じた。
流石!東芝Dynabookってところですかね。

しか~し!
細かい所はボロボロです。
本体はキズだらけ。
LANケーブル差し込み口はグラグラ~と緩くなってるし。
CDドライブは故障にて使用不可~。認識せず!
バッテリーは付いていても充電しないから、ただの重り~。外したけどね。
おまけに塗装は剥げる始末。


わかりにくいと思いますけど、
塗装が剥げて、下地が出てます。手垢じゃないよ。(笑)

正直新しいのが欲しいな~。
なんて思うけど、
この相方はブッ壊れるまで使い続けようと思っています。
しかし、仕事に支障が出るのも困るし…。
でも、まだ直せば使えるし…。
葛藤してます…。

やっぱり新しいの欲しいな・・・・でもな・・・・ブツブツ
2005/10/12 18:36 | パソコン | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
テンプレート
素敵なテンプレートを見つけたので、
変えてみました。

なんか、いろいろな変更ができるので、
結構楽しいですね(笑)
2005/10/12 15:09 | あいさつ | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
もう年末調整?
関与先で、年末調整の説明会のお知らせなるものが届いたそうです・・・。
国税庁のHPでも『年末調整関係諸用紙・年末調整のしかたを掲載しました。』
とあありました。
もうすぐ12月・・・年末ですね。
イヤだな~

さて、
今年平成17年の年末調整の変更点を大まかに…
1.老年者控除が廃止されています。
  所得者本人が年齢65歳以上で、
  かつ合計所得金額が1,000万円以下である場合に適用される老年者控除は
  平成17年分以後の所得税について廃止されています。
 
2.国民年金保険料等の社会保険料控除について、
  今回の改正で年末調整時に、社会保険料控除項目のうち
  国民年金保険料等については、国民年金保険料等の証明書が必要になります。
  11月上旬に社会保険庁より葉書サイズの証明書が郵送されるようです。
  紛失しない様にして下さいね。

3.住宅借入金等特別控除の適用対象となる中古住宅の範囲に、
地震に対する安全上必要な構造方法に関する技術的基準
又はこれに準ずるものに適合する一定の中古住宅が追加されました。
 居住者が、住宅の取得等(一定の要件を満たす居住用家屋の新築、
 購入又は増改築等をいいます。)をして、平成20年12月31日までに
自己の居住の用に供した場合において、その人がこれらの住宅の取得等の為の
  借入金等を有するときは、居住の用に供した年以後10年間
  (平成11年1月1日から平成13年6月30日までの間に居住の用に
   供した場合は15年間)について、その借入金等の年末残高の合計額を
  基とした一定の金額をその年の所得税額から控除することができることと
  されています(住宅借入金等特別控除制度)。
  今回の改正により、住宅借入金等特別控除の適用対象となる中古住宅の範囲に、
  地震に対する安全上必要な構造方法に関する技術的基準又はこれに準ずるものに
  適合する一定の中古住宅が追加されました。
  この改正は、平成17年4月1日以後に中古住宅の取得をし、
  自己の居住の用に供する場合について適用されます。


平成17年度は、引き続き定率減税はあります。
最高額を25万円として年税額の20%は減税されます。
平成18年度はこれが
最高額を12万5千円として年税額の10%になるようです。
還付金で一回くらい飲みに出れたのに…。
来年から無理かな………_| ̄|○
2005/10/12 10:25 | 年末調整 | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
10月は
10日 9月分の源泉所得税、住民税の納付 ・・・10日

【17年8月決算法人】
 確定申告(法人税・消費税及び地方消費税・法人事業税・法人住民税・法人事業所税)

【11月決算法人】
 中間申告(消費税及び地方消費税 第3四半期分)

【2月決算法人】
 中間申告(法人税・消費税及び地方消費税・法人事業税・法人住民税・法人事業所税)

【5月決算法人】
 中間申告(消費税及び地方消費税 第1四半期分)

2005/10/11 15:48 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
短期前払費用~損金処理~
『前払費用とは、法人が一定の契約により継続的に役務の提供を受けるために支出した費用のうち、
その事業年度終了の時においてまだ提供を受けていない役務に対応するものをいいます。』
とあります。

前払費用は、原則として支払った時には前払金などの資産計上処理をしておいて、
実際に引渡しや、サ-ビスの提供があった時に損金処理をすべきものです。
                                             
しかし、その前払費用の中には、地代家賃・リース料・保険料・支払利息など、
その支払った日から1年以内に役務の提供を受けるものもあります。
このような短期の前払費用については、
・毎月継続して発生する費用であること
・決算期末までに実際に支払うこと
・支払った日から1年以内の費用であること
・毎期継続して適用を受けること
など等を条件に、それらを支払った時点で損金に算入することができます。

(ただし、借入金を預金や有価証券などに運用する場合のその借入金の支払利息のように、
収益と対応させる必要があるものについては、
たとえ1年以内の短期前払費用であっても、
支払時点で損金の額に算入することは認められませんので注意してください) 

例えば、店舗や事務所の家賃は、
大体2月分を1月支払うと言う前払家賃になっていますよね。
3月決算法人の場合は、3月末に支払う家賃は4月分で翌事業年度に損金処理をするべき費用ですが、
この短期前払費用の通達によって、4月分の家賃も今期の損金として計上することができます。
さらに節税を考えるのであれば、3月末までに向こう1年分の家賃を前払いする契約に変更してもらえば、
翌期分の家賃をその期の費用として計上できるようになります。
しかし、なんでもかんでも節税節税で年払いに変更~なんてのは無しです。
税務調査で租税回避行為と見なされる事もありますよ。
何の費用をどのように支払うと問題なく損金処理できるのか?
よく検討が必要です。

超重要なんですけども
節税については、一職員の立場では
『これなら絶対節税できます!』とは言えません。
顧問税理士さんに、『こう言うのがあるらしいね?』と、
相談するきっかけにして下さいね。
2005/10/11 13:20 | 法人税 | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
配当金
企業は決算が終ると、株主総会また社員総会を行い
その年度の利益をどう使うかを決めます。
それを利益処分と言いますが、その手段として
・配当としての分配
・役員賞与としての支給
・準備金などの積み立て
などがあります。

その中で配当は一般的にに、その年の利益が多い場合に配当も多くなるが、
逆に業績が悪い場合には配当がゼロになることもあります。

会社に利益が出て株主に配当金を支払う場合には、
いくつかの手続きをする必要があります。
配当金を支払う場合には、源泉徴収をする必要があります。
上場企業は7%(ほかに地方税3%)、
非上場企業は20%(地方税はなし)を源泉徴収して
税務署へ翌月10日までに納付する必要があります。
(税率は改正があるので…
配当所得は、配当等の支払の際に以下のような株式等の区分に応じ、源泉徴収が行われます。
(1)  上場株式等の配当等の場合
 7%(他に地方税3%)の優遇税率により源泉徴収が行われます。
 なお、平成20年4月1日以後は15%(他に地方税5%)の税率が適用されます。
(注)  発行済株式の総数等の5%以上に相当する数又は金額の株式等を有する個人が支払を受ける
上場株式等の配当等については、この制度の対象となりません((2)に該当することになります)。

(2)  上場株式等以外の配当等の場合
 20%(地方税は源泉徴収なし)の税率により源泉徴収が行われます。 )

その他に配当金の支払調書と、
その合計表を配当等の支払確定日または
実際に支払った日から1ヶ月以内に税務署へ提出しなければなりません。
提出を要するのは支払額が10万円
また、半期ごとに配当する場合には5万円
以上のものだけになります。


配当所得は、原則としては総合課税の対象とされます。
しかし、確定申告不要制度と言う特例がありますので
確定申告をすることで源泉徴収税額の控除や還付を受けることもできます。
一度試算してみるのもいいかもしれませんね。

と、言ってもこの事例は数回しか事が無いので、
あってるかどうか自信がないんですけどね(>_<)
これでいいですかね?(笑)
2005/10/11 12:21 | 法人税 | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
クウジョ?
ある空調設備屋さんの見積書に
○○施行工事って書いてあったんです。
別に変じゃないような気がしますけど、
施行じゃなくて、施工ですよね。
ただの打ち間違えでした~と
事務員さんは言ってましたけど。(笑)

それで思い出しました。
以前、ある人に『私のクウジョはどうなるんですか?』
と聞かれた。クウジョ!?何だ???
( ゚д゚)ハッ!
まさか!!控除(コウジョ)の事だ!
』と『』を勘違いしてる!
『コウジョは受けられますよ』と返答したが、
その後も『クウジョ、クウジョ』と言っていました。
あとで、そっと『コウジョですよ』って教えてあげましたけどね。
あと伝票に『入金』って書いたつもりなんだろうけど、
入金』って書いてあったり、
『○○運』を『○○運』とか書いてあったり。

まぁあまり人の事は言えません。
自分も入社当時は、『税務』を『税務』と勘違いして書いたり
受金を受金と書いたりと、よくヘマをして、税理士に
『そんな事も知らないのか!(怒)』って尻を蹴り上げられました。ハハハ(^^ゞ
今となっては懐かしい思い出です(笑)
2005/10/07 17:38 | 日記 | コメント(2) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
青色欠損金
休眠会社の文中で、『繰越欠損金の控除(改正あり)という制度があります。』と記載しました。

欠損金の控除とは…

各事業年度開始の日前7年以内(平成13年4月1日前に開始した
各事業年度において生じた欠損金額については5年です。)
に開始した事業年度において生じた欠損金額がある場合には、
その欠損金額に相当する金額をその各事業年度の損金の額に算入します。
平成16年度税制改正で、青色申告書を提出した事業年度の
欠損金の繰越期間が5年から7年に延長されました。
だたし、これを受けるには条件があって

1.欠損金額が生じた事業年度において、青色申告で確定申告書を提出している。
2.その後の各事業年度について連続して確定申告書を提出している。
(しかし、欠損金額が生じた事業年度において青色申告書で確定申告書を提出していれば、
その後の事業年度について提出した確定申告書が白色申告書であっても、この繰越控除の規定が適用できます。)

ここで言う『欠損金』とは何か?
単純に 欠損=赤字 って事なんですけども、
一般的に言う決算書などの「会計上の欠損」ではなく、
法人税の計算の基礎となる「税務上の欠損」の事です。
決算書の当期利益がマイナスで赤字だったとしても、
申告書では、所得が出ることもあるんです。
参照http://kseaotter.blog24.fc2.com/blog-entry-16.html

では具体的に

税務上の所得が
平成16年3月期 △4,000円(繰越欠損)
平成17年3月期  6,000円(当  期)

だったとすると、

平成17年3月期申告時の繰越欠損金の額が4,000円で、
その事業年度の所得金額が6,000円ですから、
6,000円のうち4,000円が繰越控除されて損金の額に算入されます。
6,000円-4,000円=2,000円が課税所得となります。

7年以内に複数年度の事業年度において生じている場合には、
最も古い事業年度において生じたものから損金算入をします。
2005/10/07 09:25 | 法人税 | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
法人税~赤字でも納税?!
ケースとして、
法人の決算書を見ると利益は赤字なのに、
法人税を納めなければならない時があります。
利益が出ていないのに?
なぜか!?
それは所得が出ているから法人税が出るんです。

まずここで言う『利益と所得の違い』について。
所得と利益では何が違うのか?
意味合い的にはあまり変わりはありませんが、
利益は商法上
所得は税法上
で用いられる言葉です。
実際違いが出るのは、
申告書を作成するときなんです。

交際費がわかりやすいかな?と思います。
交際費は決算書上では全額費用となりますが、
申告書上では、全額は損金として扱えません。

期末資本金1億円以下の法人の場合で、
年間の交際費等の支出が400万以下の部分については、
90%は損金に出来ますが、
400万円を超える部分の金額については損金にする事は出来ません。

また、期末資本金が1億円超の法人の場合は、
交際費等の支出額の全額が損金に出来ません。

まぁここは流してください。
さっ、ここで例を…

決算書 交際費 3,000円
           ・
           ・
           ・
     __________
当期損失 △100円

なんか変な例ですね(笑)

交際費は90%の2,700円は損金に出来ます。
と、なると10%の300円が損金に出来ません。
これで申告書を作成すると…

300円は損金に出来ないわけですから、
当期利益(当期損失)△100円に
足す事になります。

すると所得は △100円+300円=200円


まとめ 決算書=△100円
     申告書= 200円
と、差が出ましたね。

200円が課税所得となり、
税金の計算の元になります。
これに税率をかけて税額を算出します。

この他にも調整する項目はあります。
一概に利益が出ていないから
法人税は出ない!と
勘違いしないようにしてくださいね。

上手く説明出来なくてすいません。
頭の中ではわかっているんですけど
文章だけで伝えるのは難しいですねorz
2005/10/06 17:26 | 法人税 | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
休眠会社の申告
登記はしてあるが、実態として営業活動をしていない会社が極まれにあります。
事情はいろいろとあるかと思いますが、
『営業して無いから申告しなくても…』なんて思う方もしらっしゃるかと思いますが、
それなりに手続きや申告が必要です。

休眠中の登記は、有限会社であれば特別問題ありません。
しかし、株式会社の場合は役員・監査役の改選は休眠中も行わないといけません。。
取締役は2年、監査役は4年ごとなので、
休眠中だからといって登記をしなくていいと言うわけではないので、ご注意ください。
期限を過ぎるとペナルティーがあったような気がします…。
また、株式会社は最後の登記後5年を経過した後、
一定の手続きを経た上で、商法406条の3の規定により
解散したものとみなされてしまいますので要注意です。

届出の書式ですが、税務署には異動届書がありますので、
それに休眠である旨記載し提出をします。
都道府県・市町村は各自治体により対応が異なります。
そして登記と同様、休眠中でも税務申告を行わないといけません。
営業していないので所得が0なんて申告になりますが、
税法では過去の赤字を将来の黒字から差し引くことのできる繰越欠損金の控除(改正あり)という制度があります。
これはずっと申告を続けていないと適用されない制度なので、
再開の可能性がある方はきちんと期限内に申告をされた方がいいと言うわけです。
所得ゼロでも地方税の均等割だけは原則として納付しなければならないのですが、
自治体によっては均等割が免除される場合もあります。
免除されるかどうかは、管轄の自治体にお問い合わせください。

最後に、
休眠にする年度は、営業最終日までの申告は必要ですからね。(笑)
2005/10/05 14:54 | 法人税 | コメント(4) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
人気ブログランキング
人気ブログランキングに登録してみました
2005/10/04 19:16 | あいさつ | コメント(2) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
損益分岐点
損益分岐点とは、利益が出るか損失が出るかの売上高の分岐点、
利益=0になる時の売上高のことです。

まず会社の経営に必要な経費には変動費と固定費の2つがあります。
変動費とは、生産量や売上げに比例して発生し、変化する費用のことです。
(変動費として、商品や材料などの原価、外注加工費、販売手数料など)
固定費とは、売上高の変化とは全く関係なく発生し、
変化をしない費用のことで、
生産や売上げがゼロでも発生する費用です。
(固定費には地代家賃、リース料、従業員の人件費など)

損益分岐点が低ければ低いほど、
比較的低い売上高でも利益を出せ、
売上げの増減の変化に柔軟な対応をすることが
出来るのではないかと考えられます。

反対に損益分岐点が高ければ高いほど、
利益を出すには高い売上げが必要になり、
売上げの減少、または利益率の減少などがあった場合、
固定費を賄う事が難しくなり、
月々の固定費を削減をしなければならない状態になる可能性が高いと考えられます。

上記の事より損益分岐点分析は、
事業部別、事業全体、また商品別の目標設定を行うのに便利です。
また、会社の安全性を示す数値のひとつでもあります。

そこで、損益分岐点を下げる(改善)する方法として、

 1.売上げ単価を増やす(利益率を上げる)
 2.固定費の削減
 3.生産コストの見直しで、変動費の削減

知識が足らないせいか、この位しか思いつきませんでした…orz
実際口で言うほど簡単な事では無いですよね。
対外的な要素が多いような気もしますし…。
ただ固定費の中の人件費を削る時はよ~~~く考えてください。
生産性や高率化を追求していくのが当たり前で、
人材が消耗品化した時期ではありますが
注意して合理化を進めないと
従業員への負担の増による、
品質の低下、現場での安全性の低下、
技術の低下などと、
更に悪い状態になる場合もあります。
社長一人で会社を運営していくのが難しいのであれば、
手助けをしてくれる良い人材を探し育成しましょうよ。
人材も会社にとっては資産ですよ。
そんな時は助成金や人材投資促進税制などを使うのも有効的だと考えられます。

話が脱線してしまいました…

現状をよく把握して、売上げが伸びると
どの経費項目が増えるのか。
月々最低いくらの利益が必要なのか。
よく分析し、今後の戦略をたてるのもいいかなと思います。
以上、損益分岐点でした<(_ _)>
2005/10/04 11:20 | 分析 | コメント(2) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
自己資本比率
自己資本比率と言う言葉を聞いた事がありますか?

まず自己資本とは、株主等から払い込まれた資本金と、
過去の経営成績である利益又は損失の累積金額のことを言います。
資本は、返済する必要のない資金なので「自己資本」とも呼ばれています。
「自己資本」に対し、「他人資本」と呼ばれるものがあり、
銀行等の他人から借りてきた資金のことで、
いつかは返済・支払いしなければならないものを言います。

自己資本比率とは…
自己資本が全体の資本調達の何%あるかを示す数値であり、
会社の『安定性』を表す数値で、
企業の安全性をはかる財務指標として、
銀行では融資先企業に格付を行うにあたって考慮する
代表的な財務指標のうちの一つとなっています。

算出方法は…自己資本÷総資本(自己資本+他人資本)です。

自己資本比率が大きくなれば、他人資本の減少(借入金等)の減少、
または自己資本の増加を意味します。
資金的に余裕も出て、借り入れ等に依存した資金繰りを組まなくて済みます。
そうなれば経営は安定して倒産しにくい会社になると思いませんか?
逆に小さければ他人資本に頼らなければならない。
また融資先企業に格付が下がり
銀行の融資が受けにくくなるかもしれません。
資金調達ができなくて、
手形の決済が出来ない!なんて事に…。
不安を抱えて経営するのはイヤですよね。

ではこれを増やすには…

利益を出しましょう!
単純明快ですがこれが一番だと思います。
無論節税も必要だと思いますが(^^ゞ
それではあまりにも能がないので…。

不要な固定資産・売上債権・在庫を上手に資産を減らして、
分母である総資本を減少させる方法もあります。
(数字つくりみたいでイヤですけどね)
あとは増資(株主を増やす・出資金額を増やす)をする。
など方法はあります。

会社の規模が大きい小さいは関係ありません。
決算の時でもかまわないので、
『自分の会社はどうなっているのかな?』
なんて疑問をもってもらって具体的な数値で見てみるのも
今後経営をしていくのに参考になるのではないかな?
と、そう思います
2005/10/03 19:05 | 分析 | コメント(2) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
| ホーム |
【ブログ探検隊】人気ランキング ブログランキングranQ キャリアブログランキング 週刊ブログランキング FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。