お知らせ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | 人気blogランキング | pagetop↑
消費税 書類の保存ついて
!帳簿や請求書の保存での注意事項!
消費税課税事業者は、
帳簿と請求書等の両方を保存しないと、
仕入税額控除が出来ない事になっています。
その帳簿及び請求書等は原則として7年間保存する
必要があります。結構長いですよね。
捨てないで下さいね(笑)
まぁ適用除外の範囲もありますが、
基本的には保存しておきましょう。

たまに領収書を見ると、
『上様』とか『品代他』と書いてあるのがありますけど、
保存書類の記載事項においては、
1.課税仕入れの先の氏名または名称
2.帳簿に記載した日付ではなく、実際課税仕入れを行った年月日
3.金額(本体価格と消費税額など)
4.課税仕入れに係わる資産または役務の内容。品代とかはダメですよ~。
を明記して無いと仕入税額控除が出来ない事になっています。
細かいようですけどね…。

あと、クレジットカードで支払った場合に、
お店から直接もらう利用明細(以下利用明細)を捨ていませんか?
クレジット会社から毎月送られてくる明細一覧(以下明細一覧)を
利用して仕入税額控除する事は出来ないらしいです。
明細一覧では、上記の要件を満たさない…と考えればいいのでしょうか。
良く考えれば、4番目の課税仕入れに係わる資産または役務の内容の、
記載がないですから。
今まで、税務調査では指摘は受けた事はありませんが、
注意しておいた方がいいのではないでしょうか?
利用明細を明細一覧の裏にでも貼り付けて保存するなどしておけば
つけ合わせも楽だと思いま~す。
明細、明細ってわかりにくい文章になってしまった…。
スポンサーサイト
2005/11/02 16:45 | 消費税 | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
| ホーム |
【ブログ探検隊】人気ランキング ブログランキングranQ キャリアブログランキング 週刊ブログランキング FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。