お知らせ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | 人気blogランキング | pagetop↑
低温やけど
そろそろ、暖房器具を使われている方も多くなったのではないでしょうか?
自分の家ではホットカーペットを使用しています。
床が暖かければ、ごろ寝もできますから(笑)
そこで低温やけどにご注意を。

カイロ、電気カーペット、湯たんぽ・アンカなどの
暖房器具で起こることが多いようです。
低温やけどは心地よく感じる40~50度くらいの
物にに長時間触れていることで起き、
あまり痛みを感じないうちに進行していきます。
低温やけどは、皮膚の表面はわずかなやけどの様に見えても
内部深く傷つけられ、見た目よりも重症となり、
一~二週間後に皮膚が壊死して気づく、ということもあるそうです。
電気カーペットの上で直接寝ない、カイロは下着の上から使う、
湯たんぽは厚い袋に入れるなど、直接肌に触れないように気をつけましょう。
低温やけどの疑いがある時は、流水で30分冷やします。
こもった熱を逃がし、進行を食い止め、痛みを和らげます。
その後、とにかく皮膚科か形成外科に行きましょう。
スポンサーサイト
2005/11/24 18:25 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
| ホーム |
【ブログ探検隊】人気ランキング ブログランキングranQ キャリアブログランキング 週刊ブログランキング FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。