お知らせ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | 人気blogランキング | pagetop↑
給与なのか?外注なのか?
仕事の作業をする為に、必要な人材を
従業員を雇い入れて給与で支払う場合と、
外注に出す場合が考えられます。
建設業などが該当するのではないでしょうか。
消費税額を算出するにあたり、
この給与と外注では、消費税の原則課税の場合には、
計算上大きな影響を及ぼします。
給与であれば不課税として取り扱い、
仕入控除は出来ません。
しかし、外注であれば大体の場合は、
課税仕入として取り扱われ仕入控除する事が出来ます。
ここで問題があります。
『外注』の定義とは?
請求書があればいい…
領収書を書いてもらえばいい…
そう言う事ではないようです。
税務署に問い合わせてみました。
これと言う定義はないようで、
総合的に勘案し、実質で判断されるようです。
あえて言うなら、
無論、請求書、領収書は必要ですが、
他社の仕事も請けてるとか、
材料や工具は誰が負担するのか?とか
時間に束縛されない、とか
いろいろ要件があり、
それを合理的に判断する……。
税務調査時に、従業員に限りなく近い状態の外注?
については指摘され、場合によっては消費税の修正申告が
必要な場合がありますのでご注意を。
スポンサーサイト
2006/01/24 21:46 | 消費税 | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
<<スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 | ホーム | 特定口座と確定申告>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kseaotter.blog24.fc2.com/tb.php/119-c8929769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
【ブログ探検隊】人気ランキング ブログランキングranQ キャリアブログランキング 週刊ブログランキング FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。