お知らせ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | 人気blogランキング | pagetop↑
青色欠損金
休眠会社の文中で、『繰越欠損金の控除(改正あり)という制度があります。』と記載しました。

欠損金の控除とは…

各事業年度開始の日前7年以内(平成13年4月1日前に開始した
各事業年度において生じた欠損金額については5年です。)
に開始した事業年度において生じた欠損金額がある場合には、
その欠損金額に相当する金額をその各事業年度の損金の額に算入します。
平成16年度税制改正で、青色申告書を提出した事業年度の
欠損金の繰越期間が5年から7年に延長されました。
だたし、これを受けるには条件があって

1.欠損金額が生じた事業年度において、青色申告で確定申告書を提出している。
2.その後の各事業年度について連続して確定申告書を提出している。
(しかし、欠損金額が生じた事業年度において青色申告書で確定申告書を提出していれば、
その後の事業年度について提出した確定申告書が白色申告書であっても、この繰越控除の規定が適用できます。)

ここで言う『欠損金』とは何か?
単純に 欠損=赤字 って事なんですけども、
一般的に言う決算書などの「会計上の欠損」ではなく、
法人税の計算の基礎となる「税務上の欠損」の事です。
決算書の当期利益がマイナスで赤字だったとしても、
申告書では、所得が出ることもあるんです。
参照http://kseaotter.blog24.fc2.com/blog-entry-16.html

では具体的に

税務上の所得が
平成16年3月期 △4,000円(繰越欠損)
平成17年3月期  6,000円(当  期)

だったとすると、

平成17年3月期申告時の繰越欠損金の額が4,000円で、
その事業年度の所得金額が6,000円ですから、
6,000円のうち4,000円が繰越控除されて損金の額に算入されます。
6,000円-4,000円=2,000円が課税所得となります。

7年以内に複数年度の事業年度において生じている場合には、
最も古い事業年度において生じたものから損金算入をします。
スポンサーサイト
2005/10/07 09:25 | 法人税 | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
<<クウジョ? | ホーム | 法人税~赤字でも納税?!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kseaotter.blog24.fc2.com/tb.php/17-43dfca77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
【ブログ探検隊】人気ランキング ブログランキングranQ キャリアブログランキング 週刊ブログランキング FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。