お知らせ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | 人気blogランキング | pagetop↑
中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例
平成15年度の税制改正の中に、
『中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例』と
言うのがあります。
ご存知の方も多いかと思いますが、
この特例は、
青色申告法人である中小企業者または農業協同組合等が対象となります。
平成15年4月1日から平成18年3月31日までの間に購入し、
使用えお開始した建物、車両、器具・備品(中古も可)を対象として、
一個または一式の取得金額が30万円未満のものを
一括で損金処理することが出来ます。

従来の減価償却資産の取り扱いも継続していますから、
条件の当てはまる中で、有利なのもを選択するのも一つの手段だと言えます。
従来は…
・取得額10万円未満の場合は、
   少額減価償却資産として、その事業年度に損金処理
・取得額10万円以上、20万円未満のの場合は、
   資産計上し、一括償却資産として3年間で償却
・取得額20万円以上の場合は、
   資産計上をし、減価償却
大雑把ですがこんな感じです。

よく『バラバラに購入すればいいの?』なんて事を聞かれますが、
例えば、応接セットの場合は、通常はテーブルと椅子が
1組で取引されるものですから、1組で判定しますし、
パソコンは、本体とモニターとキーボード・マウスが一式そろって
初めて使うものですから、これらも1組で判定します。
以前、税務署に問い合わせをしたところ、
『一式かどうかは、現況で判断する』と返答をされました。
例えば、新たにパソコン29万円+プリンター3万円=32万で
購入したとして、現況新たに買ったプリンターは既存の古いパソコンに接続して、
使用している場合は一式とは見ないとの事。
まぁ、この場合は一式ではないですね。
でも、普通に考えたら、新しいパソコンには、
新しいプリンターを接続しますよね…。
じゃ、税務調査の時に都合のいいように、
プリンターとかの接続を変えておけばいいの?なんて下らない事を
考えてしてしまいました……(-_-;)

最後に中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例は
期間が『平成15年4月1日から平成18年3月31日までの間に』と
ありますので、パソコンなど30万円未満の物の購入を、お考えの方はお早めに。
スポンサーサイト
2005/10/13 15:41 | 法人税 | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
<<青色申告特別控除額 | ホーム | ( ´ー`)フゥー...>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kseaotter.blog24.fc2.com/tb.php/25-db01492b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
【ブログ探検隊】人気ランキング ブログランキングranQ キャリアブログランキング 週刊ブログランキング FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。