お知らせ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | 人気blogランキング | pagetop↑
生命保険-03
保険は何種類かに分けることが出来ます。

定期保険・・・名前の通り『一定期間を保障』する事を目的とした保険です。
       比較的割安な支払い保険料で大きな保障をすることが出来ますが、
       掛け捨てタイプが多い様です。
       保険期間が終了すると、更新をしないといけません。
       その際保険料が高くなっていきます。
       定期保険の中でも、ある一定の期間ごとに保障額が増えていく
       『逓増定期保険』、逆に減っていく『逓減定期保険』などがあります。
       保険会社によっては、健康体割引などの保険料割引もあったり、
       受け取り方法などが年金タイプの商品を扱っている場合もあります。
       用途としては、ある一定期間ですから…
       例えば、お子さんが小さく、万が一の事を考え、
       せめて成人を迎えるまで保障をしたい。
       などに使えるのではないでしょうか。
       
終身保険・・・『身が終わるまで保障』、
       一生涯の死亡保障を目的とした保険です。
       保険料は若干高めだと思います・・・。
       ○○年間で払い込みや○○歳までに払い込みと
       一定期間で保険料を支払ったり、
       終身支払いなどの方法もあります。
       例えは所得のある60歳までに保険料を払い終わらせる~。とか、
       終身払いにすれば、一年間に支払う保険料金額が低くなりますから、
       お金のやり繰り重視ってのもありかな?なんて思います。
       この終身保険をベースとして、特約などオプションをつけて、
       保障内容を充実させる方法もあります。 
       保障期間は終身ですから、解約などの特別な事が無い限り、
       保険金の発生はします。
       自分の葬儀代にしよう!なんて言って加入された方も
       いらっしゃいます。   

養老保険・・・一定期間の死亡保障があるり、満期になると満期保険金を
       受け取れます。死亡保険額と満期保険金が同じ額です。
       保険料は定期保険や終身保険よりも高くなりますが、
       貯蓄性の高い商品です。
       定期保険と同様で、保障期間(満期)を過ぎると死亡保障や
       特約も全ての保障がなくなってしまいますので注意が必要です。

医療保険・・・入院や介護に備える保険で、病気やケガで入院したり、
       所定の手術を受けたときに給付金を受け取れます。
       がん診断給付金や、退院後療養給付金が支払われるものもあります。
     
個人年金・・・支払った保険料を積み立て、契約時に定めた年齢から年金として、
       お金をい受け取れる保険です。年金を受け取れる期間によって、
       確定年金や終身年金などいくつかの種類に分けられます。
       年金受け取り開始前に死亡したときは死亡給付金が受け取れますが、
       金額は少額(払込保険料相当額)です。

その他の種類もあるようですが、主だったものを記載しました。
スポンサーサイト
2005/12/01 07:50 | 保険 | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
<<国民生活センター | ホーム | 11月申告>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kseaotter.blog24.fc2.com/tb.php/41-7d98d8ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
【ブログ探検隊】人気ランキング ブログランキングranQ キャリアブログランキング 週刊ブログランキング FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。