お知らせ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | 人気blogランキング | pagetop↑
扶養親族の中で、年金受給者がいる場合
扶養親族の中で、年金受給者がいる場合があります。
その時は、下記の速算表に当てはめ、所得が38万以下になれば
扶養とすることが出来ます。しかし!これは年金のみの場合です。
その他に給与所得があった場合は総合的に判断します。

まず公的年金等は、年金の収入金額から公的年金等控除額を差し引いた金額が
雑所得として課税されます。
公的年金等に係る雑所得の金額は、下記の表により算出します。
速算表の該当箇所において、(a)に(b)を乗じ、(c)を控除した残額が、
公的年金等に係る雑所得の金額です。
公的年金等に係る雑所得の速算表(平成17年分以後)

年金を受け取る人の年齢
(a)公的年金等の収入金額の合計額 (b)割合 (c)控除額
65歳未満 (公的年金等の収入金額の合計額が700,000円までの場合は所得金額はゼロとなります。)
700,001円から1,299,999円まで 100% 700,000円
1,300,000円から4,099,999円まで 75% 375,000円
4,100,000円から7,699,999円まで 85% 785,000円
7,700,000円以上 95% 1,555,000円
65歳以上 (公的年金等の収入金額の合計額が1,200,000円までの場合は、所得金額はゼロとなります。)
1,200,001円から3,299,999円まで 100% 1,200,000円
3,300,000円から4,099,999円まで 75% 375,000円
4,100,000円から7,699,999円まで 85% 785,000円
7,700,000円以上 95% 1,555,000円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
例えば65歳以上の人で「公的年金等の収入金額の合計額」が
350万円の場合には、公的年金等に係る雑所得の金額は次のようになります。
  3,500,000円×75%‐375,000円=2,250,000円
スポンサーサイト
2005/12/25 06:05 | 年末調整 | コメント(0) | Trackback(0) | 人気blogランキング | pagetop↑
<<頭がいい人、悪い人の話し方 | ホーム | ライブドアの世界一になるキャッシュフロー経営>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kseaotter.blog24.fc2.com/tb.php/75-e9d14e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
【ブログ探検隊】人気ランキング ブログランキングranQ キャリアブログランキング 週刊ブログランキング FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。